menu close
BIOGRAPHY

崎濱 光 Hikaru Sakihama

1988.2.17 沖縄県

多感な頃、グラフィティに魅了される。 
絵が一枚の壁を伝い、 多くの人の手によって 何度も破壊、創造されるその行為の中に 生命の縮図を感じ始める。  そういった日常に潜む散りばめられたパーツからインスピレーションが満たされ、 具象でもあり抽象でもあるようなあいまいな世界を描いてる。


見ていても観ていない時があり、聞いていても聴いていない時がある様に そもそも日常というのは自分の脳が創り出す世界で、結局はあいまいだと思っている。 始まりがあり、終わりがある。 それは変えられない事実である。 その間のあいまいを楽しんでいる様だ。





  Born February 17, 1988 in Okinawa Prefecture, Japan.
 
Sakihama was fascinated by graffiti at an  impressionable age.
A painting on one wall. The hands of masses of people destroying and then creating again.
He began to feel the microcosm of life in this.
He was filled with inspiration from the parts that were hidden and lurking behind daily life.
he began to paint a vague world that is both tangible and abstract at the same time.  

Looking while not watching. Hearing while not listening. Sakihama creates a world in his head from daily life that is in the end vague. There is a beginning and there is an end. This is an unchanging fact. He seems to be enjoying what is in between there.